閉じる

マルちゃんの誕生

マルちゃん

東洋水産は、水産物の仕入れ加工販売からスタートし、魚肉ハム・ソーセージや缶詰などの加工食品へ進出しました。

その後、即席麺市場への本格参入にあたり、お子様からお年寄りまで幅広いお客様に親しまれ、愛されるブランド開発が必要になりました。

そこで1962年に誕生したのが「マルちゃん」マークです。

「マルちゃん」の笑顔には「お客様に、美味しさや楽しさ、幸せをお届けしたい」という願いが込められています。

戻る

前へ