イベント情報

 にっぽんど真ん中祭り

日本のど真ん中、真夏の名古屋を舞台に繰り広げる踊りの祭典、にっぽんど真ん中祭り(通称:どまつり)。国内外から集結する約200チーム23,000人が地域色豊かな踊りを披露する、誰でも参加できる市民参加型の新しいスタイルのお祭りです。
「観客動員ゼロ=全員参加型」の祭りをコンセプトに掲げるどまつり。中でも参加者も観客も一緒に踊りが楽しめる、どまつり名物「総踊り」は、2010年にギネス世界記録™“世界一の総踊り“として認定されています。

開催期間 2017年8月25日(金)前夜祭
2017年8月26日(土)本祭1日目
2017年8月27日(日)本祭2日目
会場 名古屋市中区栄・久屋大通公園会場他、計20会場
公式サイト http://www.domatsuri.com/
当社での取り組み ・商品パッケージでのお祭りの告知
・ジュニア大会協賛
・ブースの展開
※商品がなくなり次第ブースは終了しますので、予めご了承下さい。
 にっぽんど真ん中祭り

※オリジナルパッケージ商品は、在庫がなくなり次第販売を終了とさせて頂きます。

 仙台七夕まつり

仙台七夕まつりは、例年200万人以上の人が参加する東北三大祭りのひとつです。毎年新たに手作りされる豪華絢爛な笹飾りが各所に飾りつけられ、市内を華やかに彩ります。また、仙台七夕まつり企画の一環として、TBC(東北放送)夏祭りが開催され、毎年多くの人がタレントや歌手によるライブを聴きに訪れます。

開催期間 2017年8月6日(日)~8月8日(火)
※このイベントは終了しました。
会場 仙台市内各地
公式サイト http://www.sendaitanabata.com/
当社での取り組み ・お祭りとタイアップしたテレビ・ラジオCMの放送
・商品パッケージでのお祭りの告知
・TBC夏まつり会場内でのブース展開(実施日:7/22(土)~7/23(日))
※商品がなくなり次第ブースは終了しますので、予めご了承下さい。
 仙台七夕まつり

※オリジナルパッケージ商品は、在庫がなくなり次第販売を終了とさせて頂きます。

 相馬野馬追

相馬野馬追は、福島県北東部の相馬三社(中村神社、太田神社、小高神社)で行われる行事で、千年以上の歴史があります。相馬氏の遠祖平将門が、家臣を集め放した野馬を敵兵に見立てて軍事演習に応用し、捕らえた馬を神馬として氏神に奉納したことに始まったと伝えられており、国の重要無形民俗文化財となっています。1日目は、三社に集合した武者が出陣式の後、古式馬具をつけて行う「宵乗り競馬」が行われます。2日目は、騎馬武者行列・甲冑競馬・神旗争奪戦が行われ、祭りは最高潮に達します。3日目の最終日は、神馬を追い込み、御小人と呼ばれる者たちが素手で捕らえる「野馬懸」が行われます。

 相馬野馬追

※今年度のオリジナルパッケージ商品は販売終了致しました。

開催期間 2017年7月29日(土)~7月31日(月)
※このイベントは終了しました。
会場 南相馬市原町区、鹿島区、小高区ほか
公式サイト http://soma-nomaoi.jp/
当社での取り組み ・商品パッケージでのお祭りの告知
・お祭りとタイアップしたテレビCMの放送

 おたる潮まつり

おたる潮まつりは、小樽市民が海に感謝するとともに、小樽の歴史や文化を次世代に伝承し、小樽の発展を祈念する契機として、1967年に始まりました。毎年市民及び札幌市など近隣市町村、さらに観光客など100万人前後の人で賑わい、小樽の夏を代表するイベントとして定着しているお祭りです。街なかを踊り歩く「潮ふれこみ」や、御神水の奉納のほか、潮太鼓の打演、潮音頭の曲にあわせて練り歩く「潮ねりこみ」が行われます。最終日は、高島・祝津の漁師の皆さんが船団を組んで海上パレードに参加する「潮わたり」、各地から担ぎ手が集まり、神輿(みこし)が市内を渡御する「みこしパレード」。そして祭りのフィナーレを飾る「大花火大会」が行われます。

開催期間 2017年7月28日(金)~7月30日(日)
※このイベントは終了しました。
会場 小樽港第3号ふ頭基部ほか市内中心部
公式サイト http://otaru.ushiomatsuri.net/
当社での取り組み ・商品パッケージでのお祭りの告知
・お祭りとタイアップしたテレビCMの放送
・会場内でのブースの展開
※商品がなくなり次第ブースは終了しますので、予めご了承下さい。
おたる潮まつり

※今年度のオリジナルパッケージ商品は販売終了致しました。

マルちゃんカップ ビーチバレーinくまもと

マルちゃんカップ「ビーチバレーinくまもと」は、幅広い年代の方々に“アウトドアでのバレーボール”の楽しさを知ってもらう目的ではじまったビーチバレーの大会です。
食とスポーツを通じた人々の絆づくりと社会貢献を目指す当社では、大会の趣旨に賛同し、また大会を通じて当社により親しみを持っていただきたいという思いから、2005年より当大会に協賛しています。

開催期間 2017年7月8日(土)予選大会
2017年7月9日(日)決勝大会 ※このイベントは悪天候の影響により、中止となりました。
会場 芦北町鶴ヶ浜海水浴場及び芦北マリンパークビーチ
公式サイト https://www.tku.co.jp/event/beach2017/
当社での取り組み ・大会告知と関連したテレビCMの放送
・イベント参加者への当社商品のご提供
・会場一帯のビーチクリーン活動への参加

 YOSAKOIソーラン祭り

YOSAKOIソーラン祭りは、1992年高知県の「よさこい祭り」をルーツに、 よさこい祭りの「鳴子」(木製の打楽器)と北海道の民謡「ソーラン節」を ミックスして誕生しました。鳴子を持って踊ることと、演舞の使用曲にソーラン節の フレーズを入れること以外は、曲も踊りも自由で、最近は道外のみならず海外からの参加者もいます。 札幌の目抜き通りである大通公園を中心とした市内の約20ヵ所の会場で、 様々な人々が集い、各チームがオリジナリティ溢れる演舞を披露し、街中が祭りの熱気に包まれます。

開催期間 2017年6月7日(水)~6月11日(日)
※このイベントは終了しました。
会場 北海道札幌市内
大通公園西8丁目他約20ヵ所
公式サイト http://www.yosakoi-soran.jp/
当社での取り組み ・オフィシャルスポンサーとしての支援
・お祭りとタイアップしたテレビCMの放送
・会場内でのブース展開

 神戸まつり

神戸まつりは、昭和8年に市民祭として企画された「みなとの祭」と、神戸開港100年祭の前夜祭として長年開催されていた「神戸カーニバル」の2大イベントが統合され、昭和46年に誕生しました。この祭りは、サンバで有名な「おまつりパレード」や「おまつりパフォーマンス」などさまざまなイベントが開催されます。

開催期間 2017年5月20日(土)各区のお祭り
2017年5月21日(日)メインフェスティバル
※このイベントは終了しました。
会場 <各区のお祭り>神戸市内各区
<メインフェスティバル>三宮全域
公式サイト http://www.kobe-matsuri.com/
当社での取り組み ・お祭りとタイアップしたテレビCMの放送
・商品パッケージでのお祭りの告知
・会場内でのブースの展開
 神戸まつり

※今年度のオリジナルパッケージ商品は販売終了致しました。

 浜松まつり

浜松まつりは、450年以上の歴史があり、子どもの誕生を祝って凧を揚げる風習が、後に市民のまつりとして発展したものと言われています。昼間は中田島砂丘の凧揚げ会場で勇壮な凧揚げ合戦、夜は中心市街地で絢爛豪華な御殿屋台が引き回されるほか、郷土芸能や吹奏楽パレード、ミス浜松コンテストなどが行われます。

開催期間 2017年5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)
※このイベントは終了しました。
会場 浜松市内各地
<凧揚げ合戦>中田島凧揚げ会場
<御殿屋台引き回し>市中心部
公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
当社での取り組み ・商品パッケージでのお祭りの告知
・お祭りとタイアップしたテレビCMの放送
 浜松まつり

※今年度のオリジナルパッケージ商品は販売終了致しました。

 博多どんたく港まつり

博多どんたく港まつりは、治承3年(1179年)に始まった「博多松ばやし」を起源とするおよそ830年あまり続く伝統行事で、昭和37年に市民参加の『福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり」』となり、現在に至っています。祭りの参加者は、思い思いの仮装でシャモジを叩いて町を練り歩き、町に作られた舞台、広場で踊りを披露し、町中がどんたく一色で湧き返ります。パレードや演舞台に参加するどんたく隊は延べ約650団体、出場者約3万3千人、見物客約200万人の盛大なお祭りです。

 博多どんたく港まつり

※今年度のオリジナルパッケージ商品は販売終了致しました。

開催期間 2017年5月3日(水・祝)~5月4日(木・祝)
※このイベントは終了しました。
会場 福岡市内各地
公式サイト http://www.dontaku.fukunet.or.jp/
当社での取り組み ・お祭りとタイアップしたラジオCMの放送
・商品パッケージでのお祭りの告知
・会場内でのブースの展開

Smiles for All.すべては、笑顔のために。