地域・社会貢献の取り組み

イベント・工場見学

「稚魚放流活動」:田子工場

開催地:田子工場「稚魚放流活動」

かつお節に強い興味を示しました

かつお節に強い興味を示しました

稚魚が大きくなるよう思いをこめて放流してくれました

稚魚が大きくなるよう思いをこめて放流して
くれました

5月17日(金)に田子工場周辺の海で、稚魚放流活動を行いました。これは1996年に始めた取り組みで、水産資源の保護・育成と水産業や観光業における地域活性化の一助となることを目的としています。これまでにカサゴやヒラメなど、約39万匹の稚魚を放流してまいりました。

21回目となる今回は、昨年に引き続き西伊豆町にある全ての幼稚園・保育園の5才児24名が参加し、まず放流に先立ち、伊豆海認定こども園で食育教室を開催しました。内容は当社社員による田子工場とかつお節についての紹介と、静岡県水産技術研究所によるカサゴについてのお話の二本立てです。子どもたちは地元の伝統的なかつお節の作り方やカサゴの生態について時折感嘆の声を上げながら、興味深く耳を傾けているようでした。

続いて大田子海岸では、穏やかな天候の中、カサゴ等の稚魚を海に放ちました。伊豆漁業協同組合のご協力による沖合での放流とあわせ、合計13,000匹に上ります。また今回も近隣住民の皆様が参加してくださり、より地域に根差した活動とすることができました。

Smiles for All.すべては、笑顔のために。