Interview

先輩社員インタビュー

自分の専門だけにこだわらず、視野を少し広げてみることで、新たな世界が開けてくる。 製造管理(設備)/工務部/入社2011年

東洋水産に入社しようと思ったきっかけは何ですか?
大学院の担当教員が、食品メーカーには生産機械が必ずあるので、機械システム工学の知識を生かすことができるという話をしてくれたことがきっかけで、食品メーカーに的を絞って就職活動をしました。そのなかでも東洋水産に入社しようと思ったのは、実家から比較的近くに工場があり、普段から口にしている商品を製造している身近な企業と感じたためです。
あなたの仕事について教えてください。
国内外の工場で生産機器の導入を行うほか、商品開発への技術的支援を行っています。私は建築設備課に所属しており、工場の構想を練るところから生産ができるようにすることまでを担当しています。具体的には、新しい工場に対する社内の希望や構想を反映したイメージを描き、設計事務所を介して本格的なイメージに仕上げ、建築会社に工場の建築を依頼します。工場の新築工事がはじまると、現場に常駐することもあります。
仕事で大変なことは何ですか?
もともと、建築を学んできたわけではないので、業界知識を得ることが未だに大変です。折衝する相手はみなさんプロですので、言葉一つ理解するにも苦労することもあります。
仕事でやりがいを感じるときはどんなときですか?
自分が導入した生産ラインを使った商品がカタチになったときに、やりがいを感じますね。
仕事で笑顔になるときはどんなときですか?
工場が建設される度に各地の拠点に一定期間常駐するため、全国に少しずつ知り合いのスタッフが増えて行くことが楽しいです。仕事を長く続ければ続けるほど、各拠点に気心の知れた仕事仲間ができていくので、今後も楽しみです。
どんな学生生活を送っていましたか?
学生時代は、実験につぐ実験の毎日でした。当時の友人は、全国各地で就職していますが、今も仲が良いです。
東洋水産はどんな会社だと思いますか?
伝統を重んじる、良い意味で古風な会社です。ただ、やりたいことはやらせてくれる自由な風土も。失敗を恐れずチャレンジできる懐の深い会社だと思います。
学生へのメッセージ
自分の専攻にこだわらず、さまざまな企業を見てみると良いと思います。私自身の就職活動を振り返ってみても、機械系の学生で食品メーカーを受ける人は少なかったですが、それがかえって良かったと思います。見方を少し変えて、活動してみると、案外目の前が開けてくることもあると思います。

他の先輩社員インタビューを見る