Interview

先輩社員インタビュー

段取りの組み方一つで仕事の効率に大きく影響する責任ある仕事です。 間接部門/東京冷蔵部/入社2012年

東洋水産に入社しようと思ったきっかけは何ですか?
採用面接そのものが、他社とは全く異なっていて、そこで見えてくる東洋水産の社風に魅力を感じたことです。他社の面接では志望動機や将来についてなど、ほとんど同じようなことばかり聞かれましたが、東洋水産の面接は、どちらかといえば学生の話をじっくり聞くことに時間を費やしていました。しっかりと一人ひとりを見てくれているなと感じ、こんな会社で働きたいと思いました。
あなたの仕事について教えてください。
お客様の商品を預かって、適切な温度管理、品質管理で保管し、安全に出荷してエンドユーザーに渡すというのが冷蔵事業の主な仕事です。冷蔵庫には、入出庫依頼を受けたり、現場への出庫の指示をだしたりする事務所の仕事と、商品が安全に入っているか検品したり、効率よく保管するか部屋割を考えたりする現場の仕事があります。私は最近事務所に異動したので、事務所の仕事についてはまだ勉強中です。
仕事で大変なことは何ですか?
冷蔵事業はほかの事業とは異なり、サービスを提供することで収益を上げている事業です。ですから、いかに他社と差別化して、東洋水産の冷蔵庫ならではの付加価値をつけていくかという部分が難しいところだと思います。東洋水産の冷蔵庫が優れている点をお客様にしっかりと伝えながら、管理する私たち自身も挨拶などの基本を忘れずに責任を持って仕事することで、安心感を抱いていただきたいと考えています。
仕事でやりがいを感じるときはどんなときですか?
入庫や出庫のスケジュール管理や、商品の流れの管理などに携わっていますが、自分の立てた計画通りに事が進み、トラックの運転手さんに「予定より早く荷物が下ろせたよ」などの言葉をかけていただき、喜ばれたときにやりがいを感じます。
仕事で笑顔になるときはどんなときですか?
やりがいを感じるときと似ていますが、やはりお客様が自分の仕事で喜んでくださったときです。
どんな学生生活を送っていましたか?
大学の授業に、バスケットボールサークルに、アルバイトに、毎日忙しく過ごしていました。中学時代からはじめたバスケットは現在も趣味で続けています。
東洋水産はどんな会社だと思いますか?
ガッツあふれる活発な人が多いと思います。年に1度開かれる運動会でも、熱くなって競技に取り組む様子が見られますが、その熱意は仕事でも存分に発揮されていると思います。
学生へのメッセージ
学生のうちに、少しでもやってみようと思うことがあれば、ぜひトライしておいてほしいです。少しくらい失敗しても大丈夫。一生懸命頑張ったことは、あとで必ず自分の身になってきます。

他の先輩社員インタビューを見る