Interview

先輩社員インタビュー

安全・安心な商品をお客様へと提供するためになくてはならない縁の下の力持ちです。
 品質管理/品質保証部/入社2011年

東洋水産に入社しようと思ったきっかけは何ですか?
学生時代は農学部で食品関係の研究をしてきました。その中で食に関する関心が高まり就職先は、食品業界を中心に探しました。内定を頂いたいくつかの企業の中から最終的に東洋水産を選んだ理由としては、展開している商品に強い魅力を感じていたことに加え、事業内容の幅広さに魅力を感じた点が挙げられます。
あなたの仕事について教えてください。
工場の品質管理を支援するのが私の仕事です。主な仕事として製造工場に対する点検・監査業務を担当しています。仕事柄、工場への出張はかなり多いです。工場の方々とはもちろんですが、分析や開発など他部門との連携が必要とされる為、コミュニケーション力も必要です。表舞台に立つことはありませんが、なくてはならない縁の下の力持ち的な役割を担う責任ある仕事です。
仕事で大変なことは何ですか?
安全・安心にかかわる仕事なので、取引先もこちらもいつも真剣に物事に対処しています。だからこそ、時には取引先の担当者からお叱りを受けることも。そんなときは話をしっかり聞き、目の前の状況を一つひとつ改善していくのですが、やはり相手の要求を技術面と感情面の両方から満たすことは毎回大変ですね。また、こういったトラブルを未然に防ぐ事が何よりも大切ですので、常に気を抜けない仕事でもあります。
仕事でやりがいを感じるときはどんなときですか?
工場の方々と相談して取った対策にご納得いただき、取引先から「よくやってくれていますね」という言葉をいただいたときですね。また、取引先以外にも他部署の社員など、立場が異なる様々な人たち、みなさんと上手にコミュニケーションが取れ、仕事がうまく前に進んだときは良かったなと思います。
仕事で笑顔になるときはどんなときですか?
工場にいる方々と接するときです。年次を積むにつれ、製造現場から工場の管理方法に関する相談をされることも増えてきました。そうした質問に対して、他工場で取っている方法など有益な回答を返すことができたときは、お互いに自然と笑顔があふれますね。
どんな学生生活を送っていましたか?
大学と大学院の6年間のうちの前半は、飲食店のアルバイトをはじめ、サークル、旅行など、主にやりたいことを自由にやるといった生活で、よく遊んだと思います。そして、学生生活後半は一転、大学の附属農場で研究中心の日々でした。梨の育種に関する研究を行っていたのですが、実がなるまでに複数年かかる梨とじっくり向き合わねばならず、時間と根気の必要な世界にどっぷり浸かった毎日でした。
東洋水産はどんな会社だと思いますか?
まじめな人が多い会社だと思います。私自身、学生時代から周囲のみんなにまじめだね、と言われてきたタイプなのですが、そんな私から見ても、仕事に対する姿勢が本当にまじめな人が多いと思います。このような環境のおかげで、仕事もスムーズに進めやすく、とても居心地が良いですね。
学生へのメッセージ
興味を持った仕事に関する情報をとことん収集することが大切だと思います。身近な大人である両親や、OB、OGの先輩方、さらに業界や企業についての本など、情報は身の周りにたくさんあるもの。就職活動の際にしっかりと下調べをすることで、入社してから後悔することも少なくなると思います。私自身、就職活動中の面接で業界について質問されて答えられなかったという苦い経験があります。それ以来、それまで以上に身を入れて業界や会社について勉強したことで、現在は入社前とのイメージギャップも少なく、やりがいを持って仕事をすることができています。

他の先輩社員インタビューを見る