Interview

先輩社員インタビュー

自分のカラーを打ち出しながら営業ができる東洋水産。自由度が高いと思います。営業(加工食品)/東京支店

東洋水産に入社しようと思ったきっかけは何ですか?
学生時代から漠然と将来は営業の仕事をしたいと思っていました。そこで就職活動では、営業職を希望しながら、金融や不動産などさまざまな業界を見ました。食品メーカーの営業に魅力を感じるようになったのは、商品が身近であることから商品の魅力を自分の感覚で自分らしく伝えることが出来ると思ったからです。なかでも東洋水産は、面接で学生が話す時間をたっぷり取って、じっくり聞いてくれる雰囲気があり、この会社ならきっと自分のやりたい営業ができるのではないかと感じ、入社を決めました。
あなたの仕事について教えてください。
加工食品の営業を担当しています。スーパー、ネット企業、問屋などのお客様に、カップ麺、即席袋麺、レトルト米飯など、多岐にわたる商品を紹介する仕事です。1日のスケジュールは、お客様との商談のタイミングにあわせて、自分で組み立てることができます。営業車には試食用の商品とポットを積み、取引先で試食していただくことも多いです。また、取引先のスーパーで売り場作りを手伝ったり、一緒にお客様の呼び込みを行ったりすることもあります。その他、見積もりや商品の資料を作成するなど事務所での作業もあります。東洋水産では若手のうちから各自担当を持たせてもらえるので、若手社員でも裁量が大きく、やりがいを感じられると思います。任せてもらえる部分が大きいので、営業のやり方も自分で考えて組み立て、自分のカラーを出すことができるので、私自身も日々楽しく仕事をしています。
仕事で大変なことは何ですか?
入社したての頃は、東洋水産が展開する多種多様な商品を覚えることだけでも大変でした。今では、取引先との限られた商談時間や昨年の売上実績などと照らし合わせながら、数多くある商品のなかから何をどのタイミングで提案していくのかを考えることが大変だと感じています。東洋水産としてどの商品を打ち出し、売っていくのかという点はたしかに重要ですが、その提案がお客様の状況やニーズに本当に沿ったものになっているかどうかについても重視しなければならないという難しさがあると思いますね。
仕事でやりがいを感じるときはどんなときですか?
自分が提案した商品が、得意先のスーパー等の商品入れ替えのタイミングで採用されたときです。ライバル他社も数多く提案しているなかで採用されるというのはもちろん一筋縄ではいかないものです。数ある提案のなかで、自分の提案した商品が店頭に並ぶ瞬間は、それまでの努力が報われる本当に嬉しい瞬間です。
仕事で笑顔になるときはどんなときですか?
取引先とコミュニケーションを取りながら、自社の商品を召し上がっていただいたり、何気ないやりとりを重ねていったりするなかで、少しずつ良い関係を築き上げて行くことができたと感じたときですね。
どんな学生生活を送っていましたか?
アルバイトを中心とした学生生活でした。カラオケのアルバイトをしているときには、お客様の呼び込みを担当することもあったのですが、お店の売りをどう伝えればお客様が足を止めてくれるかなとか、フードメニューのなかで売りたい商品をどのように紹介すれば注文してもらえるかなとか、目標に向かって考え実行するのが楽しくて好きでした。思えば学生時代から、営業的な要素の仕事が自分に合っていると感じていたのかもしれません。
東洋水産はどんな会社だと思いますか?
このインタビューでも同じように答える人が多いと思いますが、やはり東洋水産はアットホームな会社です。社内でのコミュニケーションも大切にしていると思います。私の所属する部署でも社員同士で進捗状況を共有しながら、みんなで楽しく仕事をしているといった雰囲気です。仕事が終わった後も、一緒に食事をしたり、飲みに出かけたりと、仲が良いですね。そうした日々のコミュニケーションや何気ない会話が、仕事のモチベーションにもつながっていると思います。
学生へのメッセージ
自分がこれからの人生で本当にやりたいことを見つけるための良い機会だと思って、ぜひ前向きに取り組んでほしいですね。就職活動を通じて、さまざまな業界を見てみることも今後の自分にとって良い勉強になりますので、おすすめですよ。もちろん、学生時代を十分に謳歌することも忘れないでほしいと思います。

他の先輩社員インタビューを見る