企業情報 ニュースリリース

  • 東洋水産ニュース
  • 2018年08月21日

「『二〇加屋長介』監修 鶏白湯うどん 2~3人前」「同 鍋焼 鶏白湯うどん」 新発売のお知らせ

1808_niwakaya_shouhin.jpg

 東洋水産株式会社(本社:東京、社長:今村 将也)では、チルド麺「マルちゃん『二〇加屋長介』監修 鶏白湯うどん 2~3人前」「同 『二〇加屋長介』監修 鍋焼 鶏白湯うどん」を、2018年8月27日(月)より、全国にて新発売致します。

■商品コンセプト
 この度の商品は、博多発祥で今話題のうどん居酒屋のパイオニア的存在「『二○加屋長介』監修により、「博多で人気の"うどん居酒屋"の味をご家庭に届けること」をコンセプトに開発しました。今話題の人気店監修により、期待感と安心感をのある満足感の高い一品に仕上げました。


■「二(に)○(わ)加屋(かや)長介」とは
 高級居酒屋での修行を経た店主・玉置康雄氏が、2010年に福岡県福岡市(薬院)に、うどん居酒屋「二○加屋長介」を開業。2016年には東京へも進出し、目黒区(中目黒)と千代田区(大手町)に2店舗を展開しています。「飲みの〆にうどんを楽しむ=うどん居酒屋」ブームの火付け役として注目されているお店です。

■商品概要
 この度の商品では、「二〇加屋長介」の人気メニューである「鶏スープあつかけうどん」の味わいを目指しました。2品とも鶏油の香り豊かで、まろやかな味わいの白湯スープを使用しています。パッケージには、店主・玉置康雄氏のイメージイラストを加え、店頭でも目立つインパクトのあるデザインに仕上げました。
 「鶏白湯うどん 2~3人前」は、お好みの具材と一緒に煮込むことで、「鍋」としても「うどん」としてもおいしくお召し上がりいただけます。
 「鍋焼 鶏白湯うどん」は、鍋に添付の麺・スープ・具材をあけ、水を入れて火にかけて煮込むだけで、手軽に本格的な一杯をお楽しみいただけます。

■商品特徴
1808_niwakaya_tokuchou.gif

■商品詳細
1808_niwakaya_shousai.gif


Smiles for All.すべては、笑顔のために。