企業情報 ニュースリリース

  • 東洋水産ニュース
  • 2019年08月20日

「タニタ食堂監修のスープ餃子」 新発売のお知らせ

1909_tanitasoupgyouza.gif

 東洋水産株式会社(本社:東京、社長:今村 将也)では、チルド食品「マルちゃん タニタ食堂監修のスープ餃子」を2019年9月1日(日)より、全国で発売致します。

■商品コンセプト
 この商品は、ヘルシーメニューで話題の「タニタ食堂」を展開する株式会社タニタ(本社:東京)とのコラボレーションにより完成した健康感と食べごたえのある一品です。餃子をくずして、中から出てくる具材も楽しめる新感覚のスープ餃子の提案で、さらなる市場の活性化を図って参ります。
 「タニタ食堂」は、株式会社タニタの登録商標です。

■商品概要
 この商品は、国産の鶏肉・もち米・たまねぎ・国産の生姜を餡に使用し、スープには、チキンの旨味をベースに生姜を利かせ、寒い時にも温まる一品に仕上げました。1粒あたり16gと大きめで食べごたえがあり、くずした時の見た目も楽しめます。電子レンジ調理も可能で、忙しい朝食時にもぴったりです。1食(5粒)あたりの摂取カロリーは約140kcal、塩分は1.4gです。

■商品詳細
1909_tanitasoupgyouza_syousai.gif


Smiles for All.すべては、笑顔のために。