地域・社会貢献の取り組み

イベント・工場見学

商品アイデアコンテスト「スマイル“フード”プロジェクトin東北2019」

「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2018」

プレゼンテーション審査

プレゼンテーション審査

調理風景

調理風景

11月23日(土)に品川ビルにて、「スマイル“フード”プロジェクト in東北2019」の決勝大会を開催いたしました。この企画は地元の特色を生かしたFDスープメニューのアイデアを募るコンテストで、食の未来を担う青少年の育成と地域社会への貢献を目的にしています。今年で5回目の開催となり、7月より東北地区の高校生を対象に実施してまいりました。

決勝大会当日は、全100チームの中から書類審査を通過した、各県代表6チームがしのぎを削りました。全チームとも熱のこもったプレゼンテーションと日頃の学びを生かしたこだわりのスープでしたが、社内審査員5名と食品専門紙記者8名の方々による審査の結果、優勝は岩手県立紫波総合高等学校の「岩手のじゃじゃ!鶏蛋湯(チータンタン)」、準優勝は昨年の優勝校である宮城県農業高等学校の「伊達な里の『うめがす汁』」が選出され終了いたしました。優勝作品は2020年秋頃にマルちゃんブランドで商品化し、東北地区にて販売する予定です。

Smiles for All.すべては、笑顔のために。