企業情報 行動規範

ガバナンス

内部統制

・内部統制システムの概要

取締役および従業員が企業倫理や社会的責任の重要性を認識し、関連法規および各種規定を順守するために内部統制システムを構築しており、業務が適切かつ効率よく実行されるように常に見直しを行っています。リスク管理については、内在するリスクを把握・分析・評価した上で適切に対策を実施しています。

・財務報告に係る内部統制

当社グループでは、金融商品取引法に基づく「内部統制報告制度」に対応するために、金融庁の基準に示されている内部統制の基本的な枠組みに準拠して、財務報告に係る内部統制を構築してきました。同制度の適用開始以降は、内部統制部を中心に各業務分野に精通した従業員で構成された評価チームが各部署・関係会社の内部統制の有効性を評価しています。また内部統制体制の維持と推進を目的に勉強会を開催するなど啓蒙活動にも力を注いでいます。

コンプライアンス体制

コンプライアンスとは法令順守に限らず、社内ルール、良識・モラルといった社会倫理、道徳なども含めて守ることであり、「ステークホルダーの信用・信頼に応えること」であることを一人ひとりに浸透・実践させることが重要と考えています。
お客様・社会から信頼される誠実な企業であり続けるために、「東洋水産グループ行動規範」を制定するとともに、さらにコンプライアンスを推進していくために、法務部が主管となって下記に取り組んでいます。

  • ・コンプライアンスマニュアルの周知・徹底
  • ・役員・全従業員を対象とした全国の事業所を巡回して実施するコンプライアンス勉強会
  • ・階層別に集合して実施するコンプライアンス勉強会
  • ・社内報やメールマガジンを通じた毎月のコンプライアンスに関する話題の提供

また、コンプライアンスに違反する行為の発生を未然に防止するため、あるいはいち早く発見して適切に対応するために、内部通報制度(レポートライン)を設け、運用しています。社内および社外(提携法律事務所)に窓口を設置し、通報者に不利益が及ばない仕組みを構築しています。

Smiles for All.すべては、笑顔のために。